落語会で酔っ払いがうるさかったら……

過日、某落語会に参りましたおり、 「携帯電話の電源は切ってください」 という、客席に向けてののっけの演者の言葉があってしばらくして、携帯電話の呼び出し音が下座から聞こえてきて、あとででてきた演者が、 「携帯電話の電源を切ってなかったのは、わた…

女子の方がコミュニケーション能力が高い!

数日前に報じられた某大学の医学部における不公平入試の、 「女子の方がコミュニケーション能力が高い」 という理由説明が波紋を広げています。 大方は、 「無意識の偏見だ!」 てな専門家の言葉であるとか、 「なんで女子の方がコミュニケーション能力が高…

評価されることと人に愛されること

先日、拙ブログに載せました、日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン容疑者の、 〈成功は実績によってしか評価されない〉 という言葉が、世の中を渡っていく上で絶対的である、あるいは幸福な人生を送ることを約束してくれる、というものではありません。 確…

魔女の雑草から……

トウモロコシなどの穀物に寄生して栄養分や水分を吸収して枯らしてしまう、〈魔女の雑草〉とも呼ばれる『ストライガ』という、アフリカの寄生植物を、穀物を植える前の土壌にまいて枯らす薬剤を開発したと、名古屋大学の研究グループが発表したとYOMIURI ON …

2018『やっぱり今年もこの世ものとは思えなかった伝楽亭忘年会』レポート

昨夜は、伝楽亭に恒例の忘年会が開催されました。 ここで改めてアタクシがブログでご報告するまでもなく、出席されたゆ乃月嬢が、ライブでネット上に載せられた映像音声を御覧いただければ、どれほどの阿鼻叫喚の世界が繰り広げられていたかということは、一…

今年の漢字は《災》!

公益財団法人「日本漢字能力検定協会」は毎年募集している〈今年の漢字〉、2018年は、 《災》 と、京都清水寺で発表されました。 2004年以来、二度目の登場(受賞?)です。 前回は、地震、台風、豪雨に猛暑という天災による被害の他に、人災もあっ…

カルロス・ゴーン氏の、これぞ名言中の名言!

《成功は実績によってしか評価されない》 日産自動車をV字回復させたカルロス・ゴーン氏の言葉は、名言としてあちこちで報じられています。 《答は会社の中にある》 《あり得ない先にイノベーションがある》 会社内で、 「それはあり得ない」 と言われている…

ここが変だよ! そうでっか!

日産自動車の会長だったカルロス・ゴーン容疑者が再逮捕されました。 最初に逮捕されてから、海外のメデイアが、不当だとか陰謀だとか称する中に、 『日本の司法は変だ』 てな見出しも見られます。 『ここが変だよ、日本のほにゃらら』 てなテレビ番組があっ…

紀平梨花選手、初優勝おめでとうございます!

バンクーバーで行われたフィギュアスケート女子グランプリファイナルで、16歳の紀平梨花選手(関大KFSC)が、ショートプログムについでフリーの演技でも1位となって、初優勝しました。 何と言っても、女王ザギトワ選手(ロシア)を破っての優勝ですから、…

今年を振り返る標

12月は、1年を振り返る時期です。 先日発表された『新語・流行語大賞』をはじめ、『今年の漢字』も発表されます。 最後は、国内外の十大ニュースが発表され、傍らに鬼籍に入った著名人のお写真が並んで、よいお年をお迎えください、ということになるかと…

三題噺・ゴーン〜地獄のお稽古会(虎の小穴)より〜

本日、伝楽亭で開催されました『地獄のお稽古会(虎の小穴)』に潜入を試みましたが、蝶松師、◯丸師、磨論師(飛び入り)が、蝶松師の先輩の下、それぞれ血は吐いてはいないし地獄でもない程度のお稽古会で、他にお客様もいらっしゃらなかったので、すぐにア…

貴ノ岩関の引退会見から〜言い訳と非難〜

大相撲の貴ノ岩関が、弟弟子に暴力を振るったことについて責任をとって引退を表明しました。 付き人が忘れ物の言い訳をしたために暴力に及んだということですが、それまでにも言い訳が多かったのかもしれません。 言い訳をする人は、相撲に限らず、能力を伸…

フツー

結婚しない女性や子供のいない女性が、ややもすると肩身の狭い思いをするのは、結婚して子供を産むのがフツーという考え方が根底にあるからだと思われます。 男性でも、ずっと独り身でいるとか、定職についていないとか、てなオッサンは、やっぱりフツーでは…

1+1=?

料理には足す料理と引く料理があるというお話は、以前、拙ブログでも触れたかと思います。 いわゆるバイリンガル、二カ国語以上を話すことができる場合、必ずしも利点ばかりがあるようではないようです。 野球のピッチャーは、ストレートからカーブ、フォー…

世相を斬る!〜〈そだねー〉〜

『2018 ユーキャン新語 流行語大賞』が、平昌オリンピックで銅メダルを獲得した、カーリング女子日本代表チームの、 〈そだねー〉 に決まりました。 「やっぱり、大賞はこれしかないよね」 「そだねー」 「これなんか、ほっとするニュースでいいけど、最…

伝楽亭『三人会』レポート

昨日、伝楽亭で開催されました、文月嬢、美猫嬢、みたらし嬢の『三人会』に参りました。 友情出演で高座を務められた田舎家かかし師が、 「女性だけの落語会が増えて、男性ばかりの落語会が珍しくなりました」 とおっしゃっていましたが、三人会の皆さんに限…

なぜ、奴らは聞く耳を持たないのか?

〈聞く耳を持たない〉 という言葉を、最近、どなたかが使われたように思います。 決定事項だから、今さらどうにもならないし…… なんて事情が聞かされるほうにあるのかもしれません。 〈口が一つ、耳が二つ付いているのは、おしゃべりを慎み、人の話をよく聞…

絶望に巡り会う現代社会

本日、書店で『大宰治絶望語録』(豊岡昭彦氏編著 WAVE出版)を見つけてしまいました。 昨年か一昨年でしたか、『絶望名人カフカの人生論』(頭木弘樹氏訳著 新潮社)が話題になっていたかと思います。 明るい希望に満ちた人生何ぞはただの幻影に過ぎないこ…

〈祝ゴルゴ50周年〉〜〝かっこいい〟を考える〜

今月24日に発売された『ビッグコミック』(小学館)12月10日号のサブタイトルは、〈祝ゴルゴ50周年〉です。 これだけ長く続いているのは、ゴルゴ13のかっこよさにあるのは当然ですが、そのゴルゴ13のかっこよさを追究していくと、〝かっこいい〟…

著作権が厳格に守られる社会にあって……

本日のYOMIURI ONLINEに、出版社の頸草書房が、二月に刊行した書籍に、重大な無断転載があったとして、同書の絶版とし回収すると発表したというニュースがありました。 その隣に、漫画家が起こした裁判で、無断投稿サイトの発信名開示を命じる仮処分が下され…

人生に極上の笑いを……

人を笑わせようという人には、三つのタイプがあります。 自虐的な笑いをウリにされる方と、他者を貶めて笑いをとる族です。 自虐的な笑いをウリにされる方は他者を貶めることはありませんし、他者を貶める族が、自虐的な笑いを提供することはありません。 こ…

今年は間に合わない流行語大賞ノミネート〈激励〉

大相撲横綱審議委員会が、26日の定例会で、今場所4連敗して休場した横綱稀勢の里に関に、〈激励〉を決議したと報じられています。 単純に考えれば、代表選手に、 「応援しているからがんばってくれ!」 てな感覚で使われる言葉かと認識しておりおりました…

ちりとてちんの会より社会人落語日本一決定戦・決勝大会への観覧を呼びかける!

台風で流れた、第10回社会人落語日本一決定戦・決勝大会が、12月3日(月)13:00より、アゼリアホール(池田市民文化会館)で開催されます。 平日開催となって、お客様も少ないだろうという予測のもと、伝楽亭では落語会が一つ終了すると、演者がこ…

『素人自作落語の会in伝楽亭2018』〈悪魔〉

昨日、『素人自作落語の会in伝楽亭2018』の高座に、拙作〈悪魔〉をかけました。 女にもてない男が、悪魔を呼び出すところからはじめて、 「あ、あんた、あくまはんか?」 「隣の嫁はん、呼ぶような言いかたはやめてくれるか」 「そら、おくまはんや」 ……

大阪万博! 東京五輪! 札幌冬季オリンピック!

2025年、大阪で万国博覧会が開催されることになりました。 1970年以来、55年ぶり、2回目の開催になります。 2020年に開催が決定している東京オリンピックは、56年ぶり、こちらも2回目です。 2030年に冬季オリンピックの招致を目指して…

『東西女流講談会』〜NIPPONIA HOTEL 奈良ならまち〜レポート 

昨日、奈良古々粋亭で開催いたしました『東西女流講談会』は、神田陽子先生、旭堂南華先生、お二人の講談はもちろん、11月22日、いい夫婦の日に、お二人、いい夫婦だったことまでネタにした楽しい対談もあって、すばらしい会でした。 神田陽子先生の御贔…

本日開催!『東西女流講談会』〜対談もありまっせ!〜

本日、午後2時より奈良、古々粋亭にて『東西女流講談会』を開催いたします(午後1時半会場)。 東京から、神田陽子先生、大阪からは旭堂南華先生においでいただき、開口一番をちりとてちんの会の五月家ちろり嬢が務めます。 皆様にたっぷりと語っていただ…

お化け屋敷怪談の復権を考える

日本の怪談は、因果応報、因縁怨念のオンパレードが中心になっているようです、なんてお話は、拙ブログにて以前にもしたかと思います。 ただ、日本の怪談の中でいうところの、〈お化け屋敷〉には、そんなどろどろとした怨念は渦巻いていません。 『稲生物怪…

どこまで通用するのか? カルロス・ゴーンの「必殺! コストカッター!」

経営危機に瀕していた日産自動車の経営を任されて、奇跡のV字回復を成し遂げたカルロス・ゴーン会長の呼称が、カルロス・ゴーン容疑者となりました。 本日の朝刊のトップは、いずれも『カルロス・ゴーン会長逮捕!』です。 当時のカルロス・ゴーン社長の異名…

『相撲噺の会 千林場所』レポート

昨日、伝楽亭にて、『相撲噺の会 千林場所』が催されました。 相撲の噺ばかり、五席、緑生師の〈相撲甚句〉から始まって、小なん師の江戸落語〈阿武松(おうのまつ)〉、青凌師の講談〈稲川出世〉、かかし師の上方落語〈幸助餅〉、久都師の浪曲〈谷風情相撲…