スポーツ界から見える日本人の特質

日本陸上のすごいところは、個人の力では金メダルはとれないけれど、リレーで優勝したというところです。 サッカーでも、スーパースターというほどの選手はいないけれど、チームプレー、フェアープレーで世界と渡り合っています。 野球の犠打も日本独特の戦…

甲子園・ゆるキャラ・御当地・遺産登録……

第100回全国高校野球選手権大会も、いよいよ決勝戦を迎えます。 第8回を迎える『フラガールズ甲子園』は、一足早く、優勝者が決まったそうです。 野球に限らず、〝◯◯甲子園〟と名付けられている大会が、かなりあるようです。 漫画甲子園、ダンス甲子園、…

〝ボランティア〟より〝人助け〟

山口県防府市で行方不明になっていた2歳児、藤本理稀ちゃんをわずか30分で発見した尾畠春雄さんに、注目が集まっています。 何年も前から各地の被災地にボランティアで出向いていて、〝師匠〟と呼ばれるスーパーボランティアだそうです。 ただ、 東に病気…

〝エコ〟と〝スマート〟

マクドナルドやスカイラーク、スターバックスなど、プラスチック製のストローを廃止することを表明する飲食チェーンが増えているようです。 プラスチックに代わって、自然分解する紙製のストローなど、自然環境に害を与えない、新しいストローが登場すること…

合気道不正合格問題と中央省庁の障害者数水増し問題の《常態化》

産經新聞によりますと、合気道の昇段不正合格は、昭和40年代から、 《常態化》 していたそうです。 同じく産經新聞によりますと、中央省庁が雇用する障害者の数の水増しも、 《常態化》 していたそうです。 昨今では、労働基準法に反する残業などが 《常態…

合気道昇段称号不正審査報道から……

一般財団法人全日本剣道連盟の居合道部門で、昇段審査や称号審査において、数百万円に及ぶ不正な金銭授受が行われていることを、現金を要求された男性が、内閣府公益認定等委員会に告発状を提出したという報道がありました。 《心の落ち着き、風格、品位など…

ワレワレと違う世界で生きる方々のお話を伺いました。

自分が関わっている世界とは全く違う世界で生きている方のお話は、非常に面白うございます。 先日、夜のお仕事をされている女性の送迎を生業とする方のお話を伺う機会がありました。 たとえば、夜のお仕事を終えてタクシーで帰宅すると、お釣りを渡す時に手…

三題噺・忍びの稽古

昨日の三題噺のお題は、 《阿波踊り》《伊賀牛》《大文字(五山の送り火)》 でした。 不祥事で阿波の国から伊賀の忍者の里にやってきた喜六が、かつて伊賀にこの人ありと言われた、大門爺《大文字》について、忍びの修行をします。 《阿波踊り》で鍛えてい…

『お盆特別企画 隣乃玄関ぷれぜんつ! 伝楽亭三夜』今夜は第二夜!

大阪千林にございます、お馴染みの伝楽亭では、昨日から3日間、 『お盆特別企画 隣乃玄関ぷれぜんつ! 伝楽亭三夜』 を開催しております。 本日、第二夜は、 『落語と俳句の会』 で、17時から落語会、19時から俳句会がございます。 アタクシも玄関師よ…

脱獄の発想

弁護士と接見後、接見者との間を隔てるアクリル板をこじ開けて面会室から容疑者が逃走したと報じられました。 瀬戸内海を渡った脱獄犯と合わせて、彼らは、 《もしかしたら……》 を実践して自分の人生を切り開く術を知っている人間だと思います。 そんなこと…

習さんプーさん女性の皆さん

アメリカ、ディズ二ーの人気キャラクターのくまのプーさんの実写映画『プーと大人になった僕』の中国国内での公開を、中国政府が認めなかったと、アメリカのロサンゼルス・タイムスなどが報じたそうです。 アメリカのメデイアは、その理由を中国側は明らかに…

自分がダメな人間だと思ったときには……

《他者の視点に立つ》 という方法は、相手を思いやる方法であり、ビジネス上の発想の手段でもありますが、それだけではありません。 他の人はうまくこなしているのに、自分にはそれができない。 それがために周囲の人に迷惑をかけてしまった。 後からこうす…

翁長氏の御冥福をお祈りいたします。

任期を残してお亡くなりになった翁長氏に哀悼の意を表します。 メデイアは、翁長氏の死去による沖縄知事選挙を、 《弔い合戦》 と報じています。 本来は、戦死者の仇を討つための戦い、という意味で使われている言葉ですが、最近では、現役の政治家が亡くな…

エモーショナル〜理解はできるが、納得できない〜

東京医科大学の女性受験生の入試点数操作について、女性医師を対象としたアンケート調査の結果、理解できるとの回答が40%以上あったと、昨日、NHKは報じて、 《理解はできるが、納得していない》 ということではないかという解説をしていました。 現状を…

『好奇心を持ちなさい』と『勉強しなさい』の相関関係

先日、とあるセミナーに参加いたしましたろところ、 《好奇心を持て》 というお話が出ました。 特に好奇心を主題にしたセミナーではありませんでしたが、好奇心を持つことは、実は勉強することよりも難しいのではないかと思います。 勉強が好きな人は嬉々と…

歌の力〜忘れていいの〜

今日、職場で 「急ぎませんからこの書類をいただけたらありがたいと思います」 とお願いしたことを忘れられていました…… 忘れた方が恐縮して、 「すみません。忘れてしまって」 とおっしゃるものですから、 「いいんです。いいんです。私のことは…… 忘れてい…

〈生産性〉の先にあるのは……

自由民主党の杉田衆議院議員の、 〈生産性〉 発言が非難を浴びております。 人間を生産性の有無で判断しようとするのは、障害者を生産性がないと言って切り捨てるのと同じかと思いますが、すべてにおいて、 〈生産性〉 を判断基準においていらっしゃる方は、…

留五郎さんの〝悪ネタ〟

8月2日の拙ブログ、『東京医科大学の〈必要悪〉?』に、留五郎さんから、 「〝悪ネタ〟なのに、いつものショッカーを出さないのはどういうわけだ!」 てなメールをちょうだいいたしました…… 留五郎さんからいただきますコメントから、己が見えてまいりまし…

人手不足とAI

本日の日本経済新聞電子版に、旅客機のパイロットが不足しているという記事が掲載されていました。 航空機だけでなく、あらゆる業界で人手が足りていないようで、アタクシのようなふざけた人間にまで、かつて勤めておりました職場から声がかかるぐらいでござ…

不正やハラスメントを検知するAIよりも……

日本ボクシング連盟の山根明会長が、助成金流用問題などをめぐる自身の進退について考えていないことや連盟に落ち度がないことをテレビ番組で述べたそうです。 レスリングの伊調選手に対するパワーハラスメントで告発された監督も、最初は否定していました。…

東京医科大学の〈必要悪〉?

先般、裏口入学贈収賄問題が明らかになった東京医科大学で、女性受験者の入試得点を一律に下げていたことが報じられました。 なぜそうしていたかと言うと、女性医師は結婚や出産で離職すると、系列病院の運営に支障が出るから、という説明とともに、東京医科…

朝日時代小説大賞2次予選通過!

昨年12月に、『第10回朝日時代小説大賞』に応募しておりました。 6月に発売された『小説TRIPPER2018年夏季号』(朝日新聞出版)に、その予選通過作品が発表されました。 応募総数160編。 一次予選通過作品は53作品。 二次予選通過作品は22作…

台風を消滅させると……

広島のタクシーに乗って運転手さんとお話をいたしました。 話題は、先般の豪雨から今回の台風に至りまして、今回の台風12号の被害がそれほどなかったのは、上陸してから勢力が衰えていたからで、これが太平洋から直接襲ってきていたらもっと被害があったか…

『落語と大喜利の会in奈良』と『ロック外談』

8月26日(日)午後2時から、奈良の落語喫茶、古々粋亭で開催いたします。 『落語と大喜利の会in奈良』 のチラシができあがりました。 チラシには、田舎家かかし師、生駒亭紀子夏嬢、隣乃玄関師、五月家ちろり嬢とアタクシの出演が明記されておりますが、…

蟷螂の斧は組織改革の切り札になるのか……

企業の不祥事が報道されるたびに、組織の構造的問題と論評され、組織改革が急務であると批判され、実際に組織改革に取り組む企業もあるかと思います。 ただ、組織改革を行う、と上から号令をかけても、 「現場のことが分かっていないのに……」 なんてことが囁…

観測史上初の天候の影響を憂う……

昨日、職場で、 「毎日、暑い日が続いたせいか、今日の暑さが涼しく感じられる……」 てなことを耳にいたしました。 40度という今年の暑さは、観測史上初めてだそうです。 台風12号の発生時に予想進路を横目で見て、 「大丈夫だろ……」 と頭の中の決済箱の…

悪意の方法

「お前の母ちゃん、でべそ!」 とは、相手を怒らせるために子供が口にする台詞の一つですが、相手の嫌がることを言って怒らせて喜ぶのは、子供に限りません。 他者を怒らせたり悲しませたりすることによって自分の鬱憤を晴らしている人というのは、世の中に…

オウム真理教幹部死刑執行と津久井やまゆり園の事件発生から2年

今月6日に死刑が執行された7人に続き、残っていたオウム真理教の6人の死刑囚の刑が執行されました。 また、今日は、相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害された事件の発生から、ちょうど2年になる日でもあります。 オウム…

コミュニケーション術で最も難しいのは断わり方か?

日本経済新聞のビジネスコラムに、『内定 どう断わるか 就活の終活』という特集がありました。 売り手市場の今年、複数の起業から内定を得た学生は、 〈直接会って断わる〉 か、 〈電話で断わるか〉 か、 〈メールで断わるか〉 か、 〈何の連絡もせずフェー…

婦人公論・〈「しない」と決める……〉

本日発売の『婦人公論』(中央公論新社)の特集は、 《「しない」と決めると、人生ラクになる》 です。 〈ネクタイと完璧主義をやめました〉 てな記事には、 「とっくの昔にやめております……」 なんてツッコミを入れながら、おつきあいの回数を減らす……なん…