イギリスのEU離脱を問う国民投票を話題にする人に『傘がない』

井上陽水さんの名曲『傘がない』(作詞作曲・井上陽水さん)は、社会的な問題や国の問題を挙げながら、〝きみ〟に会いに行かなければならないのに雨が降っていて、にもかかわらず自分は傘を持っていない……と、個人的にはあまり関わりのない大きな問題から目の前の困りごと、ごく小さな個人的問題に話題を転換するという歌です。

「話題を変えたいときに使えるだろうな……」

と以前から思っていましたが、その機会を、今日の、

『イギリスのEU離脱を問う国民投票

が与えてくれました。

 

EU離脱派と残留派と、拮抗している」

EU離脱確実の報が出た」

「イギリス人は……」

てなことを、職場でスマートフォンを見ながら周囲に報告される方がいらっしゃいました。

ちょうど、激しい雨に煙る町並みが窓から見えましたので、

「イギリスでは、EU離脱の、国民投票の、開票が進められている〜? だけども、問題は、今日の雨、傘がない〜?」

と、鼻歌を歌いましたら、それを聞いておられた女性が、

「近々、海外旅行に行こうと思っているんですけど、これで円高になると……」

なんてことをお話になりまして、それにもアタシが、

「だけども、問題は、今日のボーナス、金がない〜? つーめたーい、雨がボクのふーとこーろに降る〜?」

てな歌を歌いましたが、すぐに、

「行かな〜くちゃ。仕事〜しに行かなくちゃ」

って、やっぱり鼻歌を歌いながら、うさんくさそうな表情で入ってきた上司の横をすり抜けてコーヒーを淹れに……