読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢もなければ好きなこともない問題のない人生

『好きなことだけをして自由に生きること』

は決して不可能なことではないと思いますが、

「そうは言っても、自分の好きなことが何かわからない……」

という方も少なくないのではないかとも思います。

 

「夢を持て」

と言われても、

「私の夢って何だろう……」

という方が少なくないのと同じではないかと思います。

 

ただ、問題があるとすれば、

「好きなことがない」

からといって、

「夢がない」

からといって、それで自分を責めてしまうことではないかと思います。

 

昔、同じ落語研究会に在籍した同級生は、卒業するときに、

「オレには何もない……」

と嘆きながら、何度か職を変えたあげく、今は某高校でとんでもない教師になっているようです。

 

『夢を追い求めること』や『好きなことだけをして自由に生きること』ができなくても、『嫌な思いをしないで毎日が楽しく過ごせること』ができれば、人生、問題はないように思います。

ちょうど、落語の主要人物、喜六のように気楽に……

 

(やっぱりオチは落語か!)