読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアを生み出す脳の考察

ときどき、

「卓越した記憶力と思考力をそなえた、優秀な脳を持っていたら、アタシの人生はどんなに素晴らしいものになっていただろう」

と思うときがあります。。

そんなときには、ジャック・フォスターさんの著作で青島淑子さんが訳されている、

『アイデアのヒント』(T BSブリタニカ)

を読んで、以下のような言葉に触れることにしています。

 

たとえば、記憶力。

イタリアの小説家、イターロ・ズヴェーヴォ氏は、

「私はいつも忘れることが三つある。人の名前。人の顔。それからーええっと、何だっけ?」

 

たとえば、思考力。

アメリカの風刺漫画家、バートランド・ラッセル氏は、

「どんなことでも一時間も考えれば、その先に待っているのは混乱と不幸だ」

 

たとえば、脳みそそのものについて、アメリカの詩人、ロバート・フロスト氏は、

「脳は素晴らしい器官だ。朝、目覚めたとたんに働きはじめ、職場につくまでは休むことなく働き続ける」

 

たとえば、アイデアを生み出す脳について、

「『アイデアのヒント』を読んで、これらの言葉がすべて自分に当てはまったとしても、キミがアイデアを生み出す脳みそを持っているわけではない」

とは、例の友人の言葉です。