読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水の言葉

たとえば、社員が生き生きと働いて業績の好調な会社と、そうではない自分の会社を比べて、

「社長があんなんだから、うちはこんなことになったんだ……」

と直接批判するのではなく、

《民は君主の善悪に感化されて、どちらにでもなりうること》

という意味の四字熟語を使って、

「会社というのは、『水随方円』ということですね」

なんて言いますと、批判も柔らかくなります。

 

たとえば、清廉潔白で頑固な人を、

「正論ばかり吐いているから、あの人は疎まれているんだよな。もっと、融通を利かせればいいのに……」

と、これも直接批判するのではなく、

《人から親しくされないことのたとえ》

となる言葉を使って、

「あの人の場合、『水清ければ魚無し』ということですね」

なんて申しますと、角が立たなくていいかもしれません。

 

たとえば、同じミスを繰り返す人を、

「あいつには、学習能力がない」

と直接非難するよりも、

《学問、見聞が記憶に残らないたとえ》

を意味する言葉を用いて、

「彼の場合、『水に描くが如し』だな」

なんて言い方をするほうが、粋ではないかと思います。

 

ちなみに、

『水に描くが如し』

には、

《むだな骨折り》

という意味もありますから、

「キミのブログの場合、『水に描くが如し』ブログという表現がぴったりだな」

てな例の友人みたいな使い方をされると、アタシとしては辛いところでございまして……