読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

視点を変える日本版イグ・ノーベル賞を創設せよ!

“人を笑わせ、考えさせる研究”に贈られる〈イグ・ノーベル賞〉を、立命館大学の東山教授と大阪大学の足立教授の〝股のぞきの研究〟が受賞しました。

でも、日本の学会でこの研究を発表したときには、反応はなかったそうで、逆にヨーロッパでは物凄い反響があったそうです。

 

日本では、

「視点を変えろ!」

なんてことがよく言われていますが、いざ、実際に視点を変える発想を見せると、

「そんな馬鹿なことをやってどうするんだ……」

と冷たくあしらわれます。

 

この〝股のぞき〟にしても、今、会社でやっても、

イグ・ノーベル賞を取った〝股のぞき〟」

と、しばらくは咎められることも無視されることもなく、却って話題にはなるでしょうが、これが受賞前だったら、

「勤務中にふざけたことをするな」

と、叱責されていたところかと思います。

 

だから、視点を変えろ! 発想を転換せよ! という類いの書籍が、いつまでも変わりなく書店に並んでいるのではないかと思います。

 

いっそ、日本発の“人を笑わせ、考えさせる研究”日本版イグ・ノーベル賞を創設したほうが、視点や発想の転換には有意義ではないかと思いますが、仮にそうしたとして、落語や漫才などの“笑い”についての、真面目な考察がなされた研究が受賞するような気もします……

 

アタクシも一つ考えました。

アクタカワ賞を受賞された漫才師、ビ〜スまたよし氏の股のぞき二股研究、なんて面白いかと思いますが……

 

(え? そんなふざけたことを書くな?)

 

って、アアタ、これはそういうブログですから……