なめたらいかんぜよ!

若い頃、五社英雄監督の映画『雲霧仁左衛門』を見て、すっかり痺れてしまいました。

仲代達矢さん主演の、外連味タッップリの映画で、今でも、好きな映画の第一番に挙げていますが、芸能関係者に限らず、誰かに好きな映画を問われて、

『雲霧仁左衛門

と答えると、不思議な顔をされます。

 

先日、購入いたしました、『鬼才 五社英雄の生涯』(春日太一さん著作・文春新書)によりますと、五社英雄監督は、〈打倒、黒澤明〉を掲げていらっしゃり、『雲霧仁左衛門』の他にも、夏目雅子さん主演の『鬼龍院花子の生涯』などを手がけられてヒットさせましたが、その評価は黒澤明監督ほど高くはありません。

 

『鬼龍院花子の生涯』の、夏目雅子さん演じる松江の台詞、

「なめたらいかんぜよ!」

が、流行語にもなりましたが、まさに、あの啖呵の中に五社英雄監督の思いが凝縮されていたように思いますし、私に限らず、誰の心の中にも隠れている感情でもあるかと思います。

 

ただ、この『五社英雄の生涯』を読みながら、

「なめたらあかん〜? なめたらあかん〜?」

という、天童よしみさんの歌う例のCMの歌が、なぜかアタシの脳みそをかき回しておりまして、

「そう言えば、なめネコが復活しているコマーシャルもあるな……」

と思いながら、

「やっぱりアタシが世の中をなめているんだろうな……」

てなことを思う今日この頃でございます。

 

(何の役にも立たんブログばっかり更新しやがって、読者をなめたらいかんぜよ!)