読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車が故障で停まったときに……

昨日、朝、通勤電車に乗っておりましたところ、

「前を走る電車の車両が故障したため、遅れます」

という車内放送とともに、電車が停まりました。

それで、多くは勤務先にメールを送信されていらっしゃいましたが、中には、電話をかける方もおられました。

「すいません。電車の故障で、遅れます」

「わかった。けど、さっき、取引先からクレームがあって、お前が昨日発送した、七味唐辛子、半分しかなかったと言うて、向こうの課長が怒って電話してきたぞ。どうするんや」

「え? それやったら、こっちの在庫が少ないから、先に注文の半分だけ届けますと、事前に向こうの担当者に連絡して承諾してもらってました」

「それが上に通ってなかったんやな。ただ、まあ、なんとか手ぇは打たなあかんやろ」

「それやったら、別に胡椒の注文もありましたから、在庫もある胡椒を先に届けて、あとで説明に伺うというのはどうですか」

「なるほど、胡椒(故障)やったら、送れる(遅れる)な……」

 

てなオトシ噺を、停車中に考えましてんけど、どないでっしゃろ。