読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三題噺・花見鍋

昨日、伝楽亭で開催されました『はたらくらぶ勉強会』に参りまして、三題噺をいたしました。

 

いただいたお題は、

〈師走〉〈フグ鍋〉〈花見〉

 

旦・佐助。

佐・へえ。旦さん。

旦・そろそろ時間やが、皆さん、お出でになってるか?

佐・へえ…… ええ、まだ、お越しやないようで……

旦・そうか、どなたがお出でやないんや。

佐・ええ…… 越後屋はんが……

旦・ああ、越後屋はんは、いつもご夫婦一緒で、のんびりしてはるさかいな。ぼちぼちお出でになるやろ。

佐・それが、その…… 今日はお出でにはなりまへん。

旦・え? お出でにならんって、そらまたどういうことや。

佐・あの、七つ星……

旦・七つ星?

佐・へえ、ご夫婦で、九州一周の豪華列車に……

旦・ああ、あれな。そやけど、それやったら、ずっと前からわかってたやろ。

佐・すんまへん。旦さんにお話いたいますのを、ワタクシが忘れておりまして……

旦・まあ、七つ星やったらしょがないな…… ほんで、他は皆、お出でになってるんやな。

佐・ええ、水戸のご隠居が、やっぱりご夫婦で世界一周のクルーズに……

旦・ええ? 水戸のご隠居が世界一周のクルーズって、聞いてへんで。

佐・へえ、それもワタクシが忘れておりましたんで。

旦・まあ、越後屋はんや水戸のご隠居やったら、そないな旅行にも行ってはるやろ…… そや、タコ社長は来てるやろ。

佐・ああ、タコ社長…… それが、アタクシが先ほど会社の前を通りかかりましたら、なんや脱税で国税局の査察が入ったとかで……

旦・え? 国税局? ……まあ、タコ社長やったら、脱税ぐらいしてるやろ。……そうそう、浪花大学の先生はお出でやろ。

佐・それが、なんや、論文の締め切りが迫ってるとかで。

旦・ほな、主治医の、藪井先生は……

佐・ええと、なんや、急患があったそうで。

旦・急患?

佐・へえ、旦さんからのお誘いやなかったら、急患はなかったやろと……

旦・そら、どういうことや。そしたら、ずくねん寺の和尚は?

佐・へえ、なんや、急に死人があったそうで。

旦・急に死人か……

佐・へえ、旦さんからのお誘いがなかったら、死んでなかったやろと……

旦・ちょっと待ちなはれや。わしが誘うたさかいに急患や死人が出るて、そら、どういうことや。ええ、ほな、いったいどなたがお出でになってるんや。

佐・いや、まだ、どなたも。

旦・どなたも、お出でやないんか…… そうじゃ。従業員はどないしたんや。

佐・ええと…… まあ、その、アタクシは、旦さんの秘書みたいなことをさせてもろてますし、なんぞおましても悲しむような係累もおりまへんので……

旦・悲しむような係累もおらんって、そら、どういうことじゃ。

佐・ああ、それから、お膳やなんやの支度に、おさんどんにも、因果を含んできてもうてます。

旦・因果を含んでとはどういうこっちゃ。ほな、あと、誰が来てるんや。

佐・ええ、それが誰も……

旦・そらどういうことや。ええ、こないして〈フグ鍋〉、ふぐ刺し、フグの唐揚げと、フグ尽くしの忘年会を開いてるんやで。料理ばっかりやったら愛想がないやろと思うて、このワシが、〈師走〉にちなんで、赤穂浪士の討ち入り、『刃傷松の廊下』『俵星玄蕃』をカラオケで歌うて、講談『南部坂の別れ』まで語ってやるんやで。

佐・さあ、それが当たったら大変やと……

旦・あほ。一流の料理人に頼んでフグ料理を誂えてるんや。当たるわけないやろ。

佐・いや、フグには当たらんやろと……

旦・ほな、何が当たるんや。

佐・その、『俵星玄蕃』なんかの、おおそば屋か! てなところが……

旦・そら、お前、何を抜かすんや。ええ、そらどういうことや!

佐・いや、 旦さん、その…… ああ、日、日ィが悪おます。

旦・日が悪い?

佐・へえ。そもそも、12月に入ってから、旦さん、急に忘年会をやるとおっしゃって今日にしましたやろ。今日は、天皇誕生日で世間はお休み、明日は土曜日、クリスマスイブで明後日は日曜日。三連休でおます。みな、とっくになんやかやと予定を入れておますがな。

旦・まあ、そらそうやけどやな。皆にも楽しんでもらおかっちゅうて、せっかく用意したんやぞ。

佐・そうですさかいに、もうちょっと、その、早めに言うといてもろたらよかったんやないかと……

旦・そうか。そしたら、新年会でやろか。

佐・『俵星玄蕃』でっか?

旦・そや。

佐・あ、いや、新年会も、もうすぐでおます。今からはやっぱり……

旦・ほな、いつがええんじゃ。

佐・ええ…… あ、そうや〈花見〉でしたら、今から、そんな事務所に言うて人、揃えてもらうこともできますし……

旦・ちょっと待て。〈花見〉はええけど、何や、その事務所、言うのは?

佐・へえ、結婚式の披露宴やなんかで、出席者が足りん、とかいうときに、それらしい人を揃えてくれる商売があるんやそうで、ほんでまあ、そういう事務所に早いうちに頼んどいたら、何も知らん人が聞きにきまっしゃろ。

旦・こら、そら何を言うんや!

佐・ああ、そうそう、今日は〈フグ鍋〉でしたけど、馬肉、馬の鍋にしまひょ。

旦・〈花見〉で馬肉鍋? 馬の肉、言うたら、たいがい馬刺やないんか? 鍋なんて聞いたこと、ないで。

佐・ほな、まあ、馬刺で……

旦・ええかげんなやっちゃな。〈花見〉に馬刺やとか、事務所に頼んで人を集めるとか…… 佐助。

佐・へえ。

旦・へえやないがな。こら、どういうこっちゃ?

佐・へえ、〈花見〉といえば、サクラです。

                                  デンデン