読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝楽亭新春俳句会

昨日、伝楽亭で俳句会が開かれました。

かかし宗匠の他に、参加いたしましたのは、はな嬢、しぶき嬢、美里嬢、緑生師とアタクシでございましたが、都合で参加できないけれど、投句された方も三名おいらっしゃいましたから、結構な句会となりました。

季題は、暮れ新年ということで、アタクシは、笠地蔵を意識いたしまして、

〈小晦日や地蔵に蓑笠着せ忘れ〉

てな駄作を作ってしまいましたが、案の定、どなたからも支持されませんでした。

まあ、今回はかかし宗匠の俳句も選に漏れておりましたから、

「アタシもとうとうかかし宗匠の域に達したな……」

と喜んでおりましたらば、

「今回は私もうまく作れなかったでけで、アアタと一緒にされとうはございまへん!」

と、言われてしまいました。

 

結局、大掃除のあとに残された古雑巾を詠った、美里嬢の作品がたくさんの支持を得ておりました。

 

「おかしいなぁ、笠地蔵で、受けると思うたのになぁ〜」

(やっぱり巧いてなことを言うてもらおうと思てるやないかい!)