読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プレミアムな毎日のはず……

いよいよ明日から、プレミアムフライデーが始まるそうです。

初めて耳にいたしましたときに、

「金曜日にどんなプレミアがつくのだろうか……」

と、考えてしまいました。

 

本来の英語の意味から考えますと、金曜日の価値に割増金がつく、あるいは付加価値がつくということになるかと思いますが、なんのことはありません。

金曜日の仕事を、午後3時までにしよう、てなことのようです。

プレミアのついたチケットなら、ダフ屋が扱っていそうなものですが、どうやら国が旗を振って、一流企業がそれを扱うようで、まあ、とかく問題になっております働き過ぎの抑制と、もう一つ、消費の増加を図って経済の活性化も、お上は狙っているようです。

 

でも、改めてプレミアムフライデーなんて捻り出さなくても、アタクシなんぞはプレミアムな毎日を送っております。

ただ、残念ながら、お上の目論む経済の活性化に貢献しておりません。

毎日、プレミアムなはずなのに、付加価値も割増金もまったくありません。

これは、いったいどういうことでしょうか……

 

この矛盾を例によって例の友人にぶつけてみましたところ、

「本来、価値があるものに、割り増しやら付加やらが認められるのであって、キミの場合、最初から価値があるわけではないから、プレミアムな感じがなくても不思議ではない」

そう言われまして、

「なるほど」

と納得したような次第であり……

 

あれ?

ほんまは納得したらあかんような……