読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブーメラン手法

昨日の国会では、ブーメランがきれいに飛んでいたようです。

 

首相や大臣を追求するために放った民進党の質問が、そっくりそのまま、

民主党政権時代にもやってたんやおまへんか〜」

と、返されていたようです。

 

このブーメラン現象は、政界だけに見られる現象ではありません。

 

先生が生徒に、

「こら、ちゃんと授業を聞け」

生徒は先生に、

「そういう先生は、私たちの言うことをぜんぜん聞いてくれへん〜」

 

係長が部下に、

「ほんまにお前は飲み込みの悪い奴やな」

と言うのを聞いておりました課長が、

「お前もそうや」

 

たいがいの方は、自らブーメランを放つつもりで何かを仕掛けるわけではありませんが、うっかりしておりますと、それがブーメランになってもどってきて、我が身を傷つけることになります。

 

 

傍で拝見しておりますと、非常に面白うございます。

 

でも、最初からブーメランとして投げると、戻ってきたときに見事にキャッチすることができて、拍手喝采となります。

 

ですから、この手法は、ショートショートや小噺なんぞの、オチの定型の一つにもなっております。

まあ、改めて申し上げるまでもないかとは思いますが、拙ブログでも、このブーメラン手法を使っております。

 

こんなことを例によって例の友人に申しましたところ、

「でも、キミの場合、ことごとくキャッチできてへんで」