読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴルゴ13・パート2 安全対策は旅レジ登録から〜話はそれからにしてもらおう〜

外務省のゴルゴ13シリーズ、第二話が外務省のホームページに掲載されました。

 

ファンにとってたまらないのは、ゴルゴ13の仕事に関わる姿勢を示す決まり文句でしょう。

前回も、本来の劇画の主旨よりも、『うさぎのように臆病』というゴルゴ13の姿勢を表す言葉に、過剰に反応してしまいましたが、今回も、

「俺の質問だけに答えろ」

「話は、〜してからにしてもらおう」

てな台詞に、しびれてしまいました。

 

改めて、どこぞでこの台詞を使ってみようかと思いますが、

たとえば、皆が話しているときにアタクシが割って入って、

「今の話、どういうこと?」

と尋ねて無視され、そこで、

「オレの質問だけに答えろ」

てなことを言うと、

「最初から聞いておけ。話はそれからにしてもらおう」

なんて返されてしまいのではないかと……

 

栃木県の高校生と教諭8人が犠牲となった雪崩事故では、危機管理の甘さが指摘されています。

文科省も、ゴルゴ13に危機管理を依頼すべきではないのか?」

と、例によって例の友人に話しましたところ、

「キミの場合、自分の人生の危機管理ができていない。話はそれができてからにしてもらおう」