読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『冬芽の人』〜鈴木京香さん〜

昨夜、テレビ大阪大沢在昌サスペンス『冬芽の人』を見ました。

人間の証明』に続いて、鈴木京香さんの主演ドラマで、こちらは、ある種、ストイックな女性を演じられていらっしゃいました。

二十歳近くも年下の男性に慕われる役どころで、アタクシも、

「ああ、年上の女性も魅力的でいいなあ……」

と思いながら、だらしなく鈴木京香さんに見とれておりました。

 

鬼平犯科帳に、現代では顰蹙を買うような、

「女は年増にとどめをさす」

なんて、台詞が出ておりましたが、若い女性にちやほやされるよりも、年上の女性にかわいがられる男の方が、案外、いいかもしれません。

 

かつて、ギネスブックの長寿世界一に認定された泉重千代さんは、

「好みの女性は?」

と尋ねられて、

「年上の人」

と、機知に富んだ回答をされたというエピソードがありますが、泉重千代さんにとっては、ほんとうに年上の女性がよかったのかもしれません。

 

まあ、いくつになっても、オレは若い女性にもてるんだ、と勘違いして生きているオッサンは少なくありませんが、却って年上の女性の魅力に気がつけば、

「わしの人生も捨てたもんやないかもしれんな……」

なんてことになるかもしれません。

 

これを例によって例の友人に話しましたところ、

「キミの場合、年齢に関係なく、状況が変わらないことに気づくべきである!」