読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長寿に異議あり!

ギネスブックに認定されていた、117歳の方がお亡くなりになったという報道がありました。

 

かぐや姫の昔から、人々は不老長寿を願い、また、長命がめでたいことだと一般に考えられているようです。

なにより、〈長寿〉という言葉自体に、〈寿〉という文字がついているところが、その証左だと思います。

 

でも、〈長寿〉はほんとうにめでたいことなのでしょうか……

 

不老不死で、歴史に関わる人物が登場するコマーシャルがありますが、死なないけれど、怪我はするし病気にはかかるというところは、不老不死がめでたいとばかりは言えないようにも思います。

 

「長生きなんてするもんじゃないよ……」

なんてことを口にする方もいらっしゃれば、年を取って、

「お迎えを待っている……」

てなことをおっしゃる方もおられます。

中には、

「長く生きてりゃ、いいこともあるよ……」

と言う方もいらっしゃいます。

「おばあちゃん、長生きでいいね」

と言われて、

「あたしが長生きしてよかったのかどうか、どうしてあんたにわかるんだい」

と応じたという方のお話も耳にしたことがあります。

長生きはめでたいことではない、とお考えの方も少なくないのではないかと思います。

 

落語には、嫁さんが美人だと旦那は短命で、そうでないと長命だ、なんて噺があります。

 

月に帰るかぐや姫から不老不死の薬をもらった帝は、かぐや姫のいない世界では無用だと言って、これを焼却してしまいました。

 

ただ、他の動物は、長寿がどうだととか考えることなく生きていることでしょうから、人間もこだわらないほういいようにも思います……

 

え?

(てなことを言うてることは、こだわってるということやないんかい!)