読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一度言う。「俺を試すな」

外務省のホームページに掲載されたゴルゴ13の、

「俺を試すな」

という台詞は、最近、現実の外交場面でも使われました。

某K国が、お得意の、

「無慈悲な」「雷が落ちて」「地獄を見るだろう」

発言に、アメリカが、

「アメリカ大統領を試すな」

と応じたときには、すぐにも拙ブログのネタにして、

「読者を試すな……」

というオチにしようかと思いましたが、うまく繋ぐことができませんでした。

 

え?

(そんなざまで、よく繋ぐ話ができたな!)

 

おっしゃるとおりでございますので、

「試すな」

が実際に使える場面を考えてみました。

 

学校で授業中に先生に質問されたら、

「俺を試すな」

 

逆に、生徒に質問された先生は、

「俺を試すな」

 

職場でミスを犯してしまったときに上司に呼ばれて、

「どういうことなんだ」

と詰問されたら、

「俺を試すな」

 

反対に、部下に、

「明確に指示してください」

などと迫られた上司は、

「俺を試すな」

 

記者会見なんかで、ときどき発せられる、記者の挑発的な質問に対して、つい、感情的になって応じてしまう政治家がいらっしゃいますが、そんなときにも、

「俺を試すな」

 

妻や恋人、愛人なんかから、

「ほんとうにあたしを愛しているの?」

と問い詰められたら、

「俺を試すな」

 

ただ、いずれの場合も、ゴルゴ13や大国アメリカとは違う立場にあるということは、分かって使わなければなりません。

                                   デンデン