読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三題噺・遺言状

昨日の《三題噺の会》のお題は、〈大渋滞〉〈大逆転〉〈安楽死〉でした。

 

兄・おい。

弟・ああ、兄さん。遅かったやないか。

兄・〈大渋滞〉やったんや。それより親父はどうや。

弟・うん。大重態や。

兄・そら、いかん。早う、遺言状、書き直させよ。

弟・いくらなんでも、兄さん、そんな無茶したらあかんで。

兄・無茶は親父のほうや。お母ちゃんと、わしらが一生懸命がんばって、これだけの財産、築いたんやで。それが、お母ちゃんが死んで、二年前に新しい嫁はん、もろうて、その女に財産の半分を渡して、死んだお母ちゃんと頑張ったわしらには、残った半分を二人で分けろて、そら、あかんやろ。

弟・そら、まあ、そうやけど……

兄・こら、親父、まだ死んだらあかんど。遺言状、書き直すまでは、死なさへんど(親父の胸ぐらをつかんで起こす)

父・こ、こら、何をすんねや。わしゃ、死にかけてんねやぞ。

兄・そやから、遺言状さえ書き直したら、なんぼでも〈安楽死〉させたるで。

父・安楽に死んでられんやないか。

弟・そうや。兄さん、親父の今際の際に、そないな無茶したらあかん。

兄・あ、そうや。あの女、どこへ行ったんや。

弟・あの女て、継母でも一応、わしらのおかんやないか。

兄・あほ言え。あんなもん、母親でも何でもあるかい。第一、亭主の今際の際に、どこぞへ行ってるやなんて、どうしょうもない女やないか。

母・ああ、間に合うたかいな。

弟・あ、お母はん。

兄・こら、この大事なときに、どこへ行ってたんや。(母の背後を見て)その、後ろにいてるオッサン、何者や。

母・ああ、この人な、祈祷師やねん。

兄・祈祷師?

母・そうやねん。〈大逆転〉の祈祷師やねん。

兄・大逆転の祈祷師て、そら、何や。

母・この人に祈祷してもろたら、どんなに悪い状態からでも、大逆転でようなるんよ。

兄・ほんまか。

母・昨日の阪神。9点差を大逆転したんも、この人がタイガースのベンチの裏で祈祷したからやねんで。

兄・うそつけ。

母・表通りの呉服屋はん。もう倒産や言うてたやろ。あれ、この人が祈祷したら、三日もせえへんうちに繁盛して、えらいV字回復や言うて、みな、喜んでる。そやさかいに、この人に祈祷してもろて、うちの人にも元気になってもらお、思て。

父・ああ、お前はやっぱり優しいな。

母・ほな、大逆転の祈祷、お願いします。

祈・しからば、失礼して…… おんころころせんだりまとおりそわか、おんころせんだりまとおりそわか、やあ! ……(しばらく様子を見て)あかんな。ほな、かんじざいぼさつはんにゃはらみた、やあ! ……(しばらく様子を見て)これもあかんか。(しばらく思案して、兄弟に)ほたらな、おやっさんの枕元で頑張ってる死神をだますさかいにな、わしが合図したら、布団の両端もって、ぐるっと回してみてや。

兄・それ、なんや落語の死神みたいでんな。

祈・ほな、行くで、あじゃらかもくれんせきぐんはてけれっつのぱあ! 今や、回せ!……(しばらく様子を見て)これもあかんか。

母・ちょっと、頼むさかいに、うちの人、何とか元気にして。頼むさかいに。

父・そないにわしを大事に思うてくれてんのか。うれしいな。

母・そないに喜んでくれるんやったら、一つだけ、頼みがあるんよ。

父・何や。

母・遺言状、私に全財産を譲るて、書き換えて。

                                   デンデン