読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サワコの朝からひよっこへ……

今日の『サワコの朝』(MBSテレビ)のゲストは、女子プロレスラーとして活躍されたタレントの北斗晶さんでした。

高校を中退して女子プロレス界に身を投じ、つらいことも多々あったそうですが、

「夢があるから、どんなつらいことにも耐えられる」

とおっしゃっていました。

 

まさにそのとおりで、夢を叶えた人は、皆さん、そうおっしゃいますし、だから、世の中の多くの方は、

「夢を持て」

と宣います。

 

ただ、こうして語られる夢に引きずられて、夢を持たなければならない、と思い、夢のない自分に焦燥感を覚えたり、失望したりする人も少なくないのではないかと思います。

中には、これこそ自分の夢だと思っても、耐えられずに挫折してしまう人もいらっしゃるかと思います。

 

「夢があるからどんなつらいことにも耐えられる」

裏返すと、

「つらいことに耐えられなければ、それは夢ではない」

ということでしょうか……

夢という言葉は、ひどく残酷なもののように思います。

 

続いて視聴致しましたのが、NHKの朝の連続ドラマ『ひよっこ』で、

「働くのが好き」

という言葉が出て参りました。

 

夢だとか成功だとか、そんな御託を並べることなく、ただ働くことが好きだとおっしゃる方も、世の中にはたくさんいらっしゃるように思います。

ただし、アタクシの経験から申し上げますと、そうした方は、女性に限っているように思います。

 

問題は、幻をいつまでも夢だと勘違いしながら、働くことが好きではないアタシは、どうやって生きていけば、いいかということでございます……

 

でも、大昔、バラクーダが歌っておりました『チャカポコチャ』(作詞・岡本圭司さん 作曲・ベートーベン鈴木さん 徳間ジャパン)のサビの部分、

「それでもあなたは生きている〜🎶」

が、アタクシ、大好きです。