読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

江戸川乱歩賞受賞者なし

今回の江戸川乱歩賞では、46年ぶりに受賞者なし、という結果だったという報道がありました。

 

文学賞の最高峰とも言うべき、芥川賞直木賞は、年に二回というペースで受賞者を輩出いていますが、作家として描き続けていくだけの力量のある作家を選出しているかと言うと、疑問符をつけたくなっているのは、アタクシばかりではないように思います。

どこでそんな情報を仕入れたかわかりませんが、出版社がかなり関与している、と断定的に述べる知人もいます。

 

また、韻文でも小説、童話でも、審査員が一名、もしくは二、三名で、しかもその審査員が教室なんかを運営している場合、その教室の受講者が選ばれているのでのではないかと、アタクシ、最近、疑っております。

反対に、多数の審査員を揃えているところは、そうした世間の疑念を払拭、あるいは、そんな不正を伺わせるような事態を避けるという意味合いも含んでいるようにも思います。

 

そういう意味では、今回の江戸川乱歩賞の結果は、公正であるということの証しでもあるように思います。

とは言え、46年間、今まで受賞者が続いたことが、逆に不思議だったのではないかと…… なんて捻くれた見方もできるかもしれません。

 

え?

(ただのやっかみだろ!)

なんでわかりましたんや……

                                   デンデン