読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の日の翌日のコラム

昨日は〈母の日〉でした。

テレビのニュースでも新聞記事でも、〈母の日〉のイベント、たとえば、和歌山県は白浜のアドベンチャーワールドのパンダのお母さんに、ニンジンで作ったカーネーションがプレゼントされました…… ニンジンを植えたらカーネーションが咲くのか? てな、よくわからないようなことが報じられます。

 

でも、母の日の翌日、本日の日本経済新聞のコラム『春秋』には、ヘアドネーションについて記されていました。

ヘアドネーションというのは、ガンの治療の副作用などによって毛髪を失った、18歳以下の患者に医療用のカツラを無償で提供する非営利活動です。

 

いつもは堅い政治や世知辛い社会問題をやり玉に上げたり、あるいは時候の挨拶のような内容を掲載している新聞のコラムですが、そんな話題とは一味も二味も違う本日の『春秋』は、もっと多くの人に読んでもらいたいコラムだと思いました。

 

カーネーションよりヘアドネーション

 

なんて、いかがでしょうか?