読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民進党のブーメランになるかもしれない〈テロ等準備罪〉

テロ等準備罪の法案可決に際して、民進党共産党など4党が激しく反対しています。

かつての国家総動員法が次第に拡大的に解釈されて、政府に都合の悪い運動が弾圧された過去が、反対の背景にされているようです。

 

現在、自由民主党公明党が与党として政治を行っていますが、将来、民進党共産党が政権を握る可能性もあるかと思います。

そのとき、政府として民進党がテロ等準備罪を拡大解釈して、政権を脅かすような動きにこの法律を適用するのではないかと、つい、思ってしまいました。

なにしろ、民進党には、与党を攻撃するための発言が、ブーメランとなって自らに還ってくるという実績がありますから……

 

「数の横暴だ!」

「民主主義の根底を覆す暴挙だ!」

てな発言を、野党の皆さんは口にされますが、この台詞は、自由民主党が下野していた時にも、聞かれたように思います。

 

まあ、落ちついて考えてみれば、民主主義というのは、本来、数の横暴であるわけですから、それで相手を批判するということ自体、民主主義とは何かがわかっていない証左のようにも思います。

 

ところで、テロ等準備罪の国会質問で、

「キノコやタケを採りに行くのもそれに当たる……」

てなケースについての発言もあったようですが、そうなると、うかつにきのこの山たけのこの里も食べていられないような……

 

こんな話を例によって例の友人に話しましたとこころ、

「キミの場合、自分のくだらない発言がブーメランのように自分に還ってきていることに、まだ気づいていないようだね……」