読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サワコの朝から〜サンドイッチマンのお二人の教え〜

今日の『サワコの朝』(MBSテレビ)のゲストは、お笑いのサンドイッチマンのお二人でした。

番組でネタを披露されるばかりか、阿川佐和子さんもボケ役に挑戦されて、とても楽しく拝見しましたが、アタクシの興味は、どうやってネタを作っているかというところでございました。

 

場所を設定して登場人物を考えて、そこでの会話を少しずつずらすという手法は、割とセオリー通りかと思いましたが、そのときに、

「流行語を作ろうとしないという意識を持たない」

という趣旨のことをおっしゃていました。

「流行語は、流行るけれども廃るもの」

という、考えてみれば当たり前のことですが、世の中、これがわかっていない芸人さんが多いようにも思いました。

 

とにかく、自分の一発ギャグが流行れば勝ち、という発想は、でもそのあと、続かなければやがて見向きされなくなってしまう深刻さを想像できていないことにもなるのではないかと思います。

実際、ギャグが爆発的に流行っても、その後、まったく見かけなくなる芸人さんは少なくありません。

 

そんな言葉を狙うことなく、日常の言葉で日常の風景にちょっとした笑いの挿入を試みるという姿勢が、長く人気を保つ秘訣なのかもしれません。

 

これを例の友人に語りましたところ、

「キミの場合、問題は、気づいたことについて自分のことだと考えない点にあるよね」