読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しんでいただく新年会の御挨拶

職場で、松平健さんのステージショーを御覧になったという方が、

「とにかく観客に楽しんでもらおうというショーでした!」

と、本当に楽しそうにお話しになっていました。

 

プロアマを問わず、落語家には、

「お客様に楽しんでいただこう」

という方と、

「お客様に笑っていただこう」

という方と、

「お客を唸らそう」

という方がいらっしゃるようです。

自分の腕前を見せて笑わせてやろうという気持ちが強く出ると、お客様は確かにうまい、と唸ってくださるかもしれませんが、だからといって、楽しんでくださっっているとは限らないのではないかと思います。

 

《巧いよりは面白い、面白いよりは楽しい》

 

落語講談漫才コメディ芝居、何に限らず、ここが大事なのではないかと、松平健さんのステージショーの楽しさを熱く語るその方のお話しを伺いながら思いました。

 

これは、新年会の挨拶にも通用するのではないかと思います。

 

無難にこなすのも悪くはありませんが、失敗を恐れずに楽しんでもらう。

その気持ちを表明するだけで、ステキな一年のスタートが切れるのではないかと思います。

 

「みんなに楽しんでもらう。これを今年のモットーにします…… てな話をすると、受けるかな?」

と例によって例の友人に申しましたところ、

「受けるかなっていうのは、みんなに楽しんでもらうのではなく、お客を唸らそうってことやろ」