読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

的場文男騎手7000勝達成おめでとうございます!〜レジェンドの言葉〜

公営大井競馬場所属の的場文男騎手が、昨日、川崎競馬場で史上二人目の7000勝をあげました。

45年で7000勝ですから、一年に…… ええと……

(計算でけへんのか!)

とにかくおめでとうございます!

 

NHKのニュースでは、

「馬を下りればただのおっさんですから……」

という的場騎手の言葉も放送していましたが、これは、元幕内力士で相撲解説の舞の海さんがかつて口にされた、

「ちょんまげがなかったらただのデブですから……」

と同じ表現だと思いました。

 

「〜が〜たら(ば)、ただの〜ですから……」

 

一流と言われる方ほど謙虚であるということを、証明するフレーズでもあると思います。

 

たとえば、将棋や囲碁やチェスで名人に勝利した人工知能が、

「開発者がいなければ、ただの機械ですから……」

なんてことを述べる、わけはありませんが……

 

でも、そうした立場にない人が、

「あいつは、ちょんまげがなかったら、ただのデブだろ……」

「あの人は、馬からおりれば、ただのおっさんだろ……」

「彼は、人工知能がなかったら、ただの人だろ……」

などと、誰かを指して使うと、自分の価値を瞬時に下げてしまいます。

 

ですから、アタクシも謙虚な気持ちでこのフレーズを使ってみたいと思っております。

 

てな話を、久しぶりに例の友人に語りましたところ、

「キミの場合、謙虚な気持ちでそのフレーズを使うチャンスは、一生ない」

と断言されてしまいました……